編集の最終チェックでは文調の統一も忘れずに

編集の最終チェックはなぜ必要なのか?

編集の最終チェックは文章の間違いだけではなく、文調の統一も忘れずに行う必要があります。
文章は誰が読んでも分かりやすく、意味が通じる内容にしなくてはいけません。
若者言葉が年配の人に通じなかったり、方言を理解できない人がたくさんいるように、文章は言葉の選択や言い回しによって受け取り方が変わってしまいます。
こういったミスを防ぐために編集の最終チェックは必要になります。
コンテンツを作成する時は「たくさん売れる」「需要が見込める」など、様々な点を意識しなくてはいけません。
たくさん売れるコンテンツを作るためには文章の編集は必須です。
需要が見込めるコンテンツを生み出すためには読み手のストレスになるような要素を取り除き、快適に読める文章構成が求められます。
現代人はストレスを感じると読むのを止めてしまい、充実した内容を用意したとしても最後まで読んでもらえません。
読み手のことを考えると編集の最終チェックは欠かせません。

文調の統一するメリットとは?

文調の統一する理由はたくさんありますが、ブログやSNSなどは統一する必要はなく、自分の自由な文調にしても良いです。
しかし、文章を読みやすくするという点にフォーカスすると文調は統一した方が良いという結論に至ります。
文調にまとまりがなく、バラバラだと複数人で作成したような違和感が生まれてしまい、読み手は内容に集中できなくなります。
もちろん「文調はまったく気にならない」「語尾が統一されてなくても気にしない」という人も多く存在します。
現状は文調を統一した方が良いというのが多数派の意見なので、学校や職場でも基本的には文調をまとめて文章を編集することになっています。
お堅い文章が求められるニュースや論文などは文調のまとめるのが義務のようになっていて、ラフな言い回しに変更したり、友達と話すような語尾に変えることはできません。
文章を書く仕事をしている場合は、日頃から文調を意識して文章を作成することをおすすめします。

まとめ

編集の最終チェックは文章の間違いだけではなく、文調の統一も忘れずに行う必要があります。
質の高いコンテンツを作成するためには文章や文調の違和感は消さなければいけません。
読み手のストレスになるような要素を取り除くためには編集の最終チェックは非常に重要な作業になります。
文章を読みやすくするためには文調は統一した方が良いという意見が多くなり、ビジネスの現場やニュースや論文などは文調の統一がルールになっています。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。