文の長さにもしっかりと配慮して編集

文の長さに配慮して編集

文章を作る時には、文の長さに配慮して編集を行うのがポイントです。
伝えたいことが多い時にありがちなのが、文章が長くなってしまうものですがせっかく伝えたいことがあっても整然としていない分の場合には伝わりにくくなってしまうことがあるので注意が必要です。

分の長さには決まりはありませんが、読み手が読みやすいような文章にするためには何度か読み直してみるのが良いでしょう。
編集者の腕の見せどころですので、出来れば声に出して読んでみて文の長さに違和感がないのかをチェックします。

編集作業は分の長さの確認だけではないですし、長いか短いかの微妙な境目になってしまうこともあるのが実情です。
編集では、そこまで神経質になる必要はありませんし読み手によっても受け取り方は様々です。
文章を読み返してみて、何らかの違和感がある場合には文の長さがおかしいことがあります。
編集作業の際には、そのあたりにも配慮するのがポイントです。

短すぎる文章が多くないかをチェック

文章の編集をするときには、文の長さによって読みやすさは大きく異なってきますのでそこに配慮する必要があります。
盛り込みたい内容が多すぎて長くなることもありますが、短すぎる文章が多くても読みにくくなるので注意が必要です。

短い文章は、印象を与えたい時に有効ですので時には使った方が効果的な時があります。
ですが、それが多用されると印象付ける効果が薄れてしまいますので注意しましょう。
分の長さに決まりはありませんが、読んでみて心地よい長さになっていて意味が伝わるかを確認するのが重要です。

編集作業ではやらなくてはならないことが多いですが、その中でも伝えたい内容を端的に伝えつつ文章としても魅力があるものになっているかを確認します。
印象付けるような表現を使ったり、言いたいことをしっかり言えているかなどを考慮した上で長すぎず短すぎない文章が魅力的です。
魅力的な文章をつづるために、重要なポイントです。

まとめ

編集作業をするときには、文の長さに配慮して行う必要があります。
伝えたいことを端的に伝えられるような文章にするのが重要ですので、長すぎても短すぎてもバランスが悪いです。

編集作業では、そのあたりに配慮して文章を作るのがポイントです。
決まりがあるわけではありませんので、そこまで神経質になる必要はありませんができれば読み直してみて違和感がないかをチェックします。
句読点などにも配慮して、読みやすさを追求しましょう。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。